PSI Labs RSS feed

AWSで停止・削除したインスタンスが勝手に再起動されて復活する

こんにちは。shintaniです。

年末年始でAWSを勉強してみようと思い多少進めたところで、タイトルにあるようなことで少し躓いたのでそれを記事にしてみます。


① まずはオーソドックスにチュートリアルに従って進めました。

20170109_00.jpg


② Amazon Elastic Beanstalk を利用し、インスタンスを1つ立ち上げて、サンプルPHPのWebページを表示するところまでします。
(サンプルHP画像は省略)

20170109_01.jpg


③ そして「無料枠とはいえ使わないインスタンスは停止する癖を付けましょう」
ということで停止します・・・が、勝手に復活します。

20170109_02.jpg

なおこれは「削除」をした場合も同様。
どうやっても同じインスタンスが再び起動します。

「まあいいや、無料だし」ということで放置。


④ そして後で、Google App Engine で動かしているJavaアプリを移植してみようと、
ちゃんとした名前で再びインスタンスを作成します。
(画像省略)


⑤ このインスタンスも停止すると勝手に復活します・・・

20170109_03.jpg


⑥ この状態で数日放置・・・したところ、AWSの請求アラートメールが届きました。

20170109_04.jpg

インスタンス2つは無料枠をオーバーするから金払え、とのこと。

20170109_05.jpg


⑦ 「こっちは停止したいのに勝手に復活しといて金を請求とはどんな悪徳企業・・・」と思いましたが、
ポップアップ内のリンクを辿っていったら解決方法は分かりました。

20170109_06.jpg
20170109_07.jpg
20170109_08.jpg


⑧ つまりはElastic Beanstalk を先に削除しなければならなかったようです。

これをしたら問題なく停止できました。
というかElastic Beanstalk の削除でインスタンスも連動して削除されました。

20170109_09.jpg


【おわりに】
しかし、これはインスタンス停止のところで
「先にElastic Beanstalk を停止・削除してね。でないとこっちは停止できないよ」
と出るべきではないですかね?
それじゃ何かまずいんでしょうか?

ゾンビのごとく復活されても、理由分からないです。
日本語説明あったからよかったものの、オール英語だと見つけられていたか厳しかった・・・。

というような引っ掛かりはあったものの、今後はクラウドを使うシステムが増えていくことは確実なので、
勉強は続けていこうと思います。

では、また何かありましたら。